So-net無料ブログ作成
検索選択

鈴蘭みたいな白いドイリー [レース編み]

またまた、図書館で借りてコピーしておいたレース編みのドイリーです
(これは本の写真)
image-20141111092439.png
たぶんこの本だと思う・・・↓
http://priscilla-2012.blog.so-net.ne.jp/2014-10-17

クロシェは始めると完成するまで、他のものが手につかない(≧∇≦)
困ったような嬉しいような・・・

で、完成(*^_^*)

image-20141122191606.png
この曲線を描いて流れるような、鈴蘭みたいな模様が気に入って♡

本の作品は縁模様の角をツンと尖らせてありましたね
アイロンで調整できるかな?

image-20141122191939.png

同じ本からあと二つ、コピーして着手待ちがあります♪
時間よー止まれ!!





image-20141122192019.png
昨年株分けしていただいたシャコバサボテン、
初めて花が咲きました♡

花期が長くて楽しめますね♪

パブーシュカ? [レース編み]

以前、図書館で借りた本にのっていた作品、
いつか編もうと編み図をコピーしておきました

その本のことはこちらに↓
http://priscilla-2012.blog.so-net.ne.jp/2014-08-14

表紙の下の方に載ってますね
たぶん《パブーシュカ》と書いてあったような・・・?

マトリョーシカが被っている三角巾みたいなのかな?
肩にかけても頭に被っても使えるみたい♪

image-20141120111452.png
この本で覚えた立体のお花♪

image-20141120111535.png

孫娘にXmasプレゼントの予定で作ったので、
彼女に試着してもらうわけにいかず・・・


・・・・マリアさまに(*^^*)

image-20141120111703.png

あら〜、色が全く違って撮れました (≧∇≦)
中間の色って気がするけど。
どちらかと言うと、本に載っている色の方が近いかな?


・・・マリアさま、よく似合ってる(*^_^*)

ミサのベールのように見えますね♡



孫はやっぱり 「ピンク色がいい」って言うかな〜?
もう一つ?
・・・
たぶん編むことになる !?(・_・;?




庭の秋薔薇はもうほとんどおしまい
(P.ミチコが高い位置に少し咲いていますが)
image-20141120112616.png
スーパーで買ってきてしまいました o(^_^)o

四つ葉のクローバーと千々さんにいたづらU^ェ^U [レース編み]

以前タティングのモチーフをたくさん練習した本に、
クロシェの可愛い四つ葉のクローバーを見つけたました[クローバー]
image-20141114214828.png

「クロシェとタティングレースのアクセサリー」横山かよ美&kukka tatting 著 より

この本、タティングもクロシェも可愛くて、何度見ても心が惹かれます♡

image-20141117223224.png





PuPuの色違いで編んだコースター
image-20141117222748.png


チヂが膝の上にいたので、ちょっといたづら(*^_^*)
image-20141114214947.png
・・・実はこのところ毎晩だっこをねだられて・・・

編み物していても割り込んでくるのです
長い時間ずーっと動こうとしないので、腰が・・・(≧∇≦)

うーん、抱きぐせをつけてしまった(・_・;

結婚式 [Etc. 雑記]

今月初め、義理の甥の結婚式に招待されました

image-20141111094506.png
image-20141111093223.png
image-20141111093205.png
ステンドグラスはイギリス製とのこと

image-20141111093303.png
ハープとクラリネット、ソプラノとバスの歌声と共に


♪〜讃美歌312番〜♪
いつくしみ深き 友なるイエスは、
罪とが憂いを とり去りたもう。
こころの嘆きを 包まず述べて、
などかは下ろさぬ、負える重荷を


身内だけのシンプルな心に残る式でした♡


〜〜〜〜〜♪〜〜〜〜〜♪〜〜〜〜♪〜〜〜〜〜♪〜〜〜〜〜♪〜〜〜〜〜♪〜〜〜〜〜


もう半世紀ほど前・・・クリスチャンではなかった頃・・・に挙げた
私たちの神田のYWCAでの結婚式を思い出していました

(ちなみにYWCAを選んだ理由は・・・
・洗礼を受けていなくても数回牧師さんのお話を聴けばok
東京駅から近い
・費用が格段に安い^ ^)


前日、高熱を出していた母を心配しながら、
桜が満開のJR草薙駅から早朝の電車に乗り、
静岡新幹線に乗りかえ、東京へ。


年配の細身の外国人牧師さん(どこの国の方か忘れました)が
私たちに、聖書の一節を選んで読んでくださいました。

大学時代のオケの友人たちのオルガンの演奏と弦楽合奏で式が始まり・・・




披露宴の終わった後、別れ際に父の言った一言、
「しっかりやれよ」

この言葉が今も時々耳元にはっきりと聞こえてきます。


父も母も他界した今、二人の大切にしていた賛美歌と聖書が、
八十年余の歳月を経て、私の手元にあります。

image-20141111113425.pngimage-20141111113441.png
(讃美歌) 昭和7年12月10日七版 ・ (聖書) 大正十二年九月廿五日十四版發行


・・・2人とも隠れキリシタンだった?(*^^*)・・・

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。